高麗人参が育つまで

高麗人参が育つには、細かな栽培条件と長い年月を要します。
種を蒔き、秋には収穫というサイクルを想像されるかもしれませんが、高麗人参は、栽培する土地作りから始まります。
高麗人参を栽培する土地の条件は、寒暖の差が激しくない気候、水はけのよい、それでいて乾燥しすぎない土地、朝日は当たるけれど、直射日光は避けられる日当たり、というものです。
日当たりの条件に基づくよう、屋根を設置する場合もあります。

土壌作りには、化学肥料が適さないため、有機物を使用します。
この土壌作りの段階で三年前後を要します。
高麗人参の栽培http://www.phoenix-power.net/k8.htmlはとても難しく、739年に伝わった後、銀と交換されてきた高麗人参が日本で栽培できるようになったのは、1729年のことでした。
現在では福島県の会津、長野県の東信、島根県の松江で栽培されています。

高麗人参は栽培して四年後に赤い実をつけます。
高麗人参は六年根が高価値です。
栽培した後も天候や土の状態、虫などにより、収穫が大きく左右されます。
高麗人参は栽培前の段階から、栽培後においてもとても時間と手間を要します。
こうして長い年月をかけて高麗人参を収穫した後、畑は次の高麗人参を栽培するためには十年から十五年の期間を空ける必要があります。